Difference between revisions of "Shigeyuki Naka MD PhD"

From SUMS BMIC
Jump to: navigation, search
(業績)
(業績)
 
Line 40: Line 40:
 
'''2020'''
 
'''2020'''
 
*[https://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1553350620937860 K. T. Dang, S. Naka, A. Yamada, K. Mukaisho, T. Tani: Vessel-Sealing Capability of Novel Microwave Sealer: Experimental Study in Animal Models, Surgical Innovation, 2020 July 2, https://doi.org/10.1177/1553350620937860].
 
*[https://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/1553350620937860 K. T. Dang, S. Naka, A. Yamada, K. Mukaisho, T. Tani: Vessel-Sealing Capability of Novel Microwave Sealer: Experimental Study in Animal Models, Surgical Innovation, 2020 July 2, https://doi.org/10.1177/1553350620937860].
*[https://www.micenavi.jp/jss120/search/detail_program/id:247 谷徹,山田篤史,仲成幸,谷総一郎,中瀬雄三:本邦外科医が実践可能で社会貢献となる製品化を目指す医学研究開発,第120回 日本外科学会定期学術集会,パシフィコ横浜,8/13-15,2020].
+
*[https://www.micenavi.jp/jss120/search/detail_program/id:247 谷徹,山田篤史,仲成幸,谷総一郎,中瀬雄三:本邦外科医が実践可能で社会貢献となる製品化を目指す医学研究開発,第120回 日本外科学会定期学術集会,SY-4-3,パシフィコ横浜,8/13-15,2020].
  
 
'''2019'''
 
'''2019'''

Latest revision as of 11:35, 13 July 2020

Shigeyuki Naka, MD PhD

基本情報

職歴

  • 1990年 滋賀医科大学 第一外科 研修医
  • 1991年 京都第一赤十字病院 外科
  • 1993年 愛知県がんセンター 消化器外科 レジデント
  • 1995年 滋賀医科大学 大学院博士課程
  • 1999年 京都大学 移植外科 医員
  • 1999年 滋賀医科大学 第一外科 医員
  • 2002年 滋賀医科大学 救急部 助手
  • 2003年 滋賀医科大学 消化器外科 助手(助教)
  • 2007年 滋賀医科大学 外科学講座(消化器・乳腺一般外科) 講師(学内)
  • 2010年 米国Johns Hopkins University Visiting Scholar
  • 2010年 滋賀医科大学 外科学講座(消化器・乳腺一般外科) 講師
  • 2013年 滋賀医科大学 外科学講座(消化器・乳腺一般外科) 准教授
  • 2017年 医療法人社団昴会 日野記念病院 院長代行
  • 2017年 滋賀医科大学 客員教授 非常勤講師
  • 2019年 医療法人社団昴会 日野記念病院 院長

所属学会,資格

  • 医学博士(滋賀医科大学)
  • 日本外科学会(認定医、専門医、指導医)
  • 日本消化器外科学会(認定医、専門医、指導医、消化器がん外科治療認定医)
  • 日本肝胆膵外科学会(高度技能指導医、評議員)、日本臨床外科学会
  • 日本内視鏡外科学会(技術認定医、評議員)、日本消化器病学会
  • 日本腹部救急医学会(認定医、暫定教育医、評議員)
  • 日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)、日本外科系連合学会
  • マイクロウェーブサージェリー-研究会(評議員)、日本人工臓器学会
  • 日本コンピューター外科学会(評議員)、日本肝癌研究会、日本肝臓学会
  • 日本胆道学会、日本膵臓学会、日本磁気共鳴医学会、日本DDS学会

業績

2020

2019

2018

  • N. Nitta, A. Yamada, A. Sonoda, S. Otha, S. Watanabe, Y. Tomozawa, Y. Imai, A. Inoue, S. Naka, T. Tani: Capturing-performance Assessment of an Endovascular Snare System Based on a Loop-Formed Torque Wire, 第78回日本医学放射線学会総会,4/11-14/2019,パシフィコ横浜,2019.
  • 谷徹,村田聡,竹林克士,山田篤史,khiem Dang Tran,仲成幸,谷眞至:予後改善を目指す鏡視下,ロボット手術法のコンセプト ―がん手術におけるリンパ網シーリングとエネルギーデバイス選択―,第56回日本人工臓器学会大会,11/1-3,ヒルトン東京お台場(旧ホテル日航東京),東京,WS6-4,2018.
  • 山田篤史,新田哲久,仲成幸,谷徹: ループ型トルクワイヤを用いた血管内異物除去用スネアシステムの操作性能評価, 第27回日本コンピュータ外科学会大会, 11/9-11, 奈良県文化会館(奈良県)2018.
  • N. Nitta, A. Yamada, A. Sonoda, S. Ota, S. Naka, S. Morikawa, T. Tani, K. Murata: Dexterity assessment of a novel endovascular snare system based on a loop-formed torque-command wire, CIRSE 2018, 22-25 September, Centro de Congressos de Lisboa, Portugal, 2018.
  • T. Tani, S. Naka, S. Tani, H. Shiomi, K. Murakami, A. Yamada, D. T. Khiem: Invention of microwave surgical scissors for seamless coagulation and cutting, Surgery Today, doi: 10.1007/s00595-018-1662-7, May, 2018.*A. Yamada, S. Naka, K. T. Dang, S. Morikawa, T. Tani: Development of a MR-Compatible High Definition Flexible Endoscope for Real-Time MR Image-Guided Microwave Ablation, 7th International Conference on the Development of Biomedical Engineering in Vietnam (BME7), 2018.
  • A. Yamada, N. Nitta, S. Naka, K. T. Dang, S. Morikawa, T. Tani: Design and Implementation of Loop Shaped Steering Mechanisms for Flexible Needles, 7th International Conference on the Development of Biomedical Engineering in Vietnam (BME7), 2018.
  • S. Naka, T. Tani, D. Khiem, S. Tani, A. Yamada, M. Tani: “Acrosurg.” is a Next Generation Technology of Microwave Surgical Device -Development and Initial Clinical Evaluation-, 7th International Conference on the Development of Biomedical Engineering in Vietnam (BME7), 2018.
  • T. Tani, A. Yamada, D. Khiem, S. Naka, S. Tani and N. Vinh: Overview of Our less Invasive Operation System: - Development of Three Dimensional Real-time MR Image Guided Operation System Using Microwave Devices and Relating Technologies –, 7th International Conference on the Development of Biomedical Engineering in Vietnam (BME7), 2018.
  • K. T. Dang, T. Tani, S. Naka, A. Yamada, S. Tani: Comparative Study of Novel Microwave Coagulation Surgical Instruments and Currently Commercialized Energy Devices in an Animal Model, 7th International Conference on the Development of Biomedical Engineering in Vietnam (BME7), 2018.
  • A. Yamada, S. Naka, N. Nitta, S. Morikawa, and T. Tani: A Loop-Shaped Flexible Mechanism for Robotic Needle Steering, IEEE Robot. Autom. Lett., vol. 3, no. 2, pp. 648-655, April, 2018.
  • 村上耕一郎, 山田篤史, 田中久富, 仲成幸, 龍田健, 小玉正智, 谷徹, 谷眞至: 腹腔鏡手術時のポート位置をエミュレートできるVRソフトウェアの開発 -胆嚢炎症例と移動性盲腸症例-, 第73回日本消化器外科学会総会,7/11-13/2018, 城山観光ホテル,鹿児島,2018.
  • 目片英治,谷徹,山田篤史,太田裕之,赤堀浩也,小島正継,田畑貴久,清水智治,梶山隆啓,島垣昌明:樹脂製手術器具の開発 続報,第73回日本消化器外科学会総会,7/11-13/2018, 城山観光ホテル,鹿児島,2018.
  • N. Nitta, A. Yamada, S. Watanabe, A. Sonoda, A. Inoue, K. Takaki, S. Otha, S. Naka, S. Morikawa, T. Tani, K. Murata: Development of a Steerable Transjugular Intrahepatic Portosystemic Shunt (TIPS) Needle Based on a Loop-Shaped Flexible Mechanism, 第77回日本医学放射線学会総会,4/12-15/2018,パシフィコ横浜,2018.
  • 目片英治,谷徹,山田篤史,太田裕之,赤堀浩也,小島正継,田畑貴久,清水智治,梶山隆啓,武重英之,島垣昌明:樹脂製手術器具の開発 続報,第118回日本外科学会定期学術集会,4/5-7/2018, 東京国際フォーラム・JPタワーホール&カンファレンス,2018.
  • 村上耕一郎,山田篤史,仲成幸,飯田洋也,龍田健,小玉正智,谷徹,谷眞至:通常のポートセッティングが困難と思われる胆嚢炎症例に対し3Dシミュレーションを用いて腹腔鏡下手術を遂行した症例,第118回 日本外科学会定期学術集会,4/5-7/2018, 東京国際フォーラム・JPタワーホール&カンファレンス,2018.

2017

  • 谷徹,仲成幸,山田篤史,谷総一郎:マイクロ波機器の歴史と今後の展望,臨床雑誌外科,79巻12号,1160-1164, 2017.
  • S. Murata, H. Yamamoto, H. Naito, T. Yamaguchi, S. Kaida, T. Shimizu, H. Shiomi, S. Naka, T. Tani, M. Tani: Feasibility and safety of hyperthermic intraperitoneal chemotherapy using 5‐fluorouracil combined with cisplatin and mitomycin C in patients undergoing gastrectomy for advanced gastric cancer, Journal of Surgical Oncology 116(8), 2017.
  • 山田篤史,仲成幸,森川茂廣,新田哲久,谷徹:弾性アームに基づく操舵可能な針の屈曲機構,日本ロボット学会誌,Vol. 35, no. 7, pp.539-547, 2017.
  • 山田篤史,仲成幸,森川茂廣,谷徹:内視鏡や針に利用可能な弾性アームに基づく屈曲・伸展機構,J JSCAS vol.19, no.1, 5-16, DOI:http://doi.org/10.5759/jscas.19.5 2017.
  • A. Tanaka, A. Yamada, T. Umeda, C. Kaneko, T. Shimizu, S. Naka, T. Tani, M. Tani: Predictive detection areas for identifying additional MRI-detected breast lesions on second-look ultrasonography, Surg Today,Vol. 47, 11, 1321-1330, 2017, doi:10.1007/s00595-017-1523-9.
  • N. Nitta, A. Yamada, S. Watanabe, A. Sonoda, S. Ota, T. Tani, A. Inoue, S. Naka, S. Morikawa, K. Murata: Needle Steering Methods Based on a Loop-Shaped Flexible Mechanism, RSNA2017, Tue Nov 28 2017, McCormick Place, Chicago, VI-3A-02, (VI250-SD-TUA4) 2017.
  • 山田篤史,新田哲久,仲成幸,森川茂廣,谷徹:ループ型弾性屈曲機構を用いた針のステアリング性能評価,第26日本コンピュータ外科学会大会,10/28-30,名古屋大学東山キャンパス,豊田講堂(愛知), J JSCAS vol.19 no.4, pp.367-368, 2017.
  • A. Yamada, N. Nitta, S. Naka, S. Morikawa, S. Tani, T. Tani: A 1.7 Fr. Steerable Microcatheter Based on a Loop-Shaped Guidewire, CARS 2017 Computer Assisted Radiology and Surgery, PO-279, June 20-24, NH Collection Constanza Hotel, Barcelona, Spain, 2017.
  • A. Yamada, S. Naka, N. Nitta, S. Morikawa, S. Tani, T. Tani: An Adaptive Steerable Needle Based on a Loop-Shaped Flexible Arm, CARS 2017 Computer Assisted Radiology and Surgery, LE-276, June 20-24, NH Collection Constanza Hotel, Barcelona, Spain, 2017.
  • A. Yamada, S. Naka, J. Tokuda, T. Tani, S. Morikawa: An Accuracy Assessment of Hybrid Image Navigation System with MR and Ultrasound to Assist Needle Puncture, CARS 2017 Computer Assisted Radiology and Surgery, LE-282, June 20-24, NH Collection Constanza Hotel, Barcelona, Spain, 2017.
  • K. Murakami, S. Naka, A. Yamada, H. Iida, N. Kitamura, H. Maehira, H. Akabori, T. Tatsuta, T. Tani, M. Tani: 3D Port Position Simulator for Laparoscopic Liver Surgery Based on 'Ray-Tracking Method', 日本消化器外科学会総会,7/20-22, 金沢,2017.
  • 新田哲久,山田篤史,渡邊尚武,井上明星,大田信一,仲成幸,森川茂廣,谷徹,村田喜代史:先端可動型マイクロカテーテルと操舵可能な穿刺針の開発-Active Sheath Mechanismを用いて,第3回日本穿刺ドレナージ研究会,グランフロント大阪 ナレッジキャピタルカンファレンスルーム,大阪,6/17/2017.
  • N. Nitta, A. Yamada, S. Watanabe, S. Naka, S. Morikawa, S. Ota, A. Sonoda, A. Inoue, T. Tani, K. Murata: A Steerable Mictrocatheter ”Active Sheath” based on Novel Flexible Mechanism(新機構に基づく先端可動マイクロカテーテルの開発), 第46回日本IVR学会総会,5/18-20/2017, 岡山コンベンションセンター,2017.
  • 仲成幸, 山田篤史, 谷総一郎, 村上耕一郎, 赤堀浩也, 飯田洋也, 森川茂廣, 谷眞至, 谷徹:高磁場MRI対応電子内視鏡によるMR画像誘導手術システムの開発, 第117回 日本外科学会定期学術集会,パシフィコ横浜,4/27-29/2017.
  • N. Nitta, A. Yamada, S. Watanabe, A. Sonoda, S. Ota, A. Inoue, S. Naka, S. Morikawa, T. Tani, K. Murata: Development of Novel Steerable Needle using Active Sheath Mechanism, 第76回日本医学放射線学会総会(JRS2017), 4/13-16/2017, パシフィコ横浜, 2017.

2016

2015

  • 村上 耕一郎,仲成幸,山田篤史,赤堀浩也,北村直美,徳田淳一,波多伸彦,谷徹,谷眞至:肝癌に対する画像誘導下局所治療における治療難易度の定量化の試み,第10回肝癌治療シミュレーション研究会,東京,9/26/2015.
  • 村上 耕一郎,仲成幸,山田篤史,新田信人,北村直美,赤堀浩也,谷徹,谷眞至:オープンソース医用画像ソフトウェアを用いた腹腔鏡下肝切除手術におけるポートプランニング法の開発,第10回肝癌治療シミュレーション研究会,東京,9/26/2015.
  • 村上 耕一郎,仲成幸,徳田淳一,山田篤史,赤堀浩也,塩見尚礼,波多伸彦,谷眞至,谷徹:肝腫瘍に対する画像誘導下アブレーション治療における治療難易度の定量化の試み,JDDW2015,東京,10/2015.
  • 村上 耕一郎,仲成幸,徳田淳一,山田篤史,北村直美,新田信人,赤堀浩也,塩見尚礼,波多伸彦,谷徹,谷眞至:肝腫瘍に対する画像誘導下アブレーション治療における治療難易度の定量化の試み,第15回関西肝血流動態・機能イメージ研究会,大阪,7/2015.
  • 山田篤史,仲成幸,森川茂廣,新田哲久,谷徹:内側から針やワイヤを曲げる簡単な弾性体構造,イノベーションジャパン2015,東京ビックサイト,8/27-28, 展示ブース来訪者約120名,名刺受理43名,ビラ配布約100名,2015.
  • 仲成幸,山田篤史,前平博充,谷総一郎,赤堀浩也,村上耕一郎,塩見尚礼,谷眞至,谷徹:Gd-EOB-DTPA造影MRIによる術前肝胆道シミュレーションの有用性,2015.
  • 森川茂廣,仲成幸,村上耕一郎,山田篤史,谷徹:腹部領域(肝がん)の現状と展望,INNERVISION,pp.52-53, (30.9) 2015.
  • 山田篤史,新田哲久,仲成幸,森川茂廣,谷徹:Active Sheathを用いた1.7Fr能動マイクロカテーテルの開発,第24回日本コンピュータ外科学会大会,東京大学,11/21-23, JJSCAS 2015;17(3): 225-226, 2015(第24回日本コンピュータ外科学会推薦演題,講演論文賞受賞).
  • 仲成幸,村上耕一郎,山田篤史,前平博充,谷総一郎,赤堀浩也,塩見尚礼,谷眞至,谷徹:肝切除におけるマルチモダリティによる術中シミュレーション,第51回日本肝癌研究会,VS2-9,神戸,2015.
  • 谷徹,Nguyen Quoc Vinh,仲成幸,谷総一郎,村上耕一郎,山田篤史:マイクロ波と高周波による組織凝固の比較 -2.45GHz vs 5百KHz-, 第34回Microwave Surgery研究会,浅草ビューホテル,9/11-12, 2015.
  • 山田篤史,滋賀医科大学の医工連携による画像支援技術を用いた手術システムの研究開発,招待講演,文部科学省がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン採択事業 がんプロ国際シンポジウム,8/6/2015, ホテルメトロポリタン盛岡ニューウイング
  • 仲成幸,赤堀浩也,前平博充,山田篤史,村上耕一郎,清水智治,塩見尚礼,来見良誠,谷眞至,谷徹:腹腔鏡下肝切除のための新規マイクロ波手術デバイスの開発,RS-55,第70回日本消化器外科学会総会,浜松,7/15-17, 2015.
  • 清水智治,仲成幸,谷眞至,村上耕一郎,山田篤史,谷徹:携帯型半導体マイクロ波発生装置と止血機器の開発,P-60,第70回日本消化器外科学会総会,浜松,7/15-17, 2015.
  • 山田篤史,仲成幸,森川茂廣,新田哲久,谷徹:弾性アームを用いた能動軟性導体のデザインおよび運動学モデル,第33回日本ロボット学会学術講演会,東京電機大学,3A2-03, 9/3-5, 2015(論文特集号推薦演題).
  • Morikawa, S., A. Yamada, S. Naka, K. Murakami, T. Tani, J. Tokuda: Motorized Manipulator with Integrated MR and US Image Navigation System to Assist Needle Insertion, The 11th Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS 2015)
  • 森川茂廣,山田篤史,仲成幸,村上耕一郎,谷徹:高磁場MR装置を用いたMR画像・超音波画像併用穿刺支援ロボットシステム, 第15回日本術中画像情報学会,6/20/2015 東京サイエンスセンター,2015.
  • K. Murakami, S. Naka, A. Yamada, H. Maehira, H. Akabori, H. Shiomi, T. Tani, and M. Tani: Software for Port-Planning for Laparoscopic Liver Surgery, 肝胆膵外科学会,2015.
  • Shigeyuki Naka, S. Tani, H. Higashiguchi, H. Maehira, H. Akabori, H. Shiomi, M. Tani, K. Murakami, A. Yamada, T. Tani, S. Morikawa, J. Tokuda, N. Hata: Efficacy of Robot-assisted Liver Surgery Using Intraoperative Magnetic Resonace Imaging, 肝胆膵外科学会,2015.
  • 山田篤史,仲成幸,村上耕一郎,前平博充,赤堀浩也,塩見尚礼,森川茂廣,谷眞至,谷徹:滋賀医科大学の医工連携による画像支援技術を用いた手術機器・システム開発,パネルディスカッション(招待講演),第51回日本腹部救急医学会総会,京都,3/5-6,2015.
  • 仲成幸,村上耕一郎,前平博充,赤堀浩也,谷総一郎,東口貴之,山田篤史,太田裕之,園田寛道,清水智治,塩見尚礼,目片英治,遠藤義裕,来見良誠,森川茂廣,谷徹,谷眞至:大腸癌肝転移に対するMR画像誘導マイクロ波凝固治療法の検討,第115回日本外科学会定期学術集会,名古屋,4/2015.

2014

2013

  • S. Morikawa, H. A. Haque, S. Naka, N. Q. Vinh, A. Yamada, T. Tani, J. Tokuda, N. Hata: An MR Image Navigation System for a Closed Bore Scanner with a Needle Insertion Manipulator, The 9th Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS 2013), Tokyo, Japan, 9/16-18/2013. (Best Paper Award受賞)

賞罰

リンク